包皮輪狭窄

仮性包茎の手術と治療ガイドRANKING

包皮輪狭窄とは、包皮の入口が狭く、亀頭を露出させた際、組織が鬱血してしまう状態を指します。

仮性包茎TOP > 包皮輪狭窄

包皮輪狭窄

包皮輪狭窄とは、亀頭の先端を覆う包皮が極端に狭い状態を指します。

包皮は入口が輪状になっており、仮性包茎の場合、この入口に亀頭がすっぽり覆われる状態になっています。

通常、仮性包茎は自分で皮をむくことが可能となっており、根元側にひっぱると包皮輪から亀頭が露出します。

しかし、包皮輪が極端に狭いと、亀頭が入口を抜けることができず、痛みをともなうようになります。

この状態で無理に亀頭を露出させると、包皮輪によって陰茎が締め付けられ、トラブルを起こす原因となります。

包皮輪狭窄の原因

包皮輪狭窄の原因は、大きくわけて先天的なもの後天的なものの2つにわかれます。

先天的なものに関しては遺伝的要素が強く、生まれながらにして包皮の輪が狭くなっている場合があります。こちらは不可抗力ですので、適切な施術を受け、トラブルの発生を予防することが大切です。

一方、後天的なものとしては、難治性の亀頭包皮炎が原因であるケースが多くなっています。

包皮に繰り返し炎症が起きると、包皮の皮膚が厚く、硬くなり、本来の柔軟性が失われてしまいます。

特に炎症場所が包皮輪だった場合、包皮の入口が狭くなり、包皮輪狭窄の原因となります。

包皮輪狭窄の治療法

包皮輪狭窄の状態で包皮を無理に反転させ、さらに勃起すると、陰茎組織が鬱血してしまいます。

この状態をカントン包茎と言い、そのまま放置していると陰茎組織が腫れ上がり、最悪の場合、組織が壊死してしまいます。

そのため、包皮輪狭窄の疑いがある場合は、早急に病院を受診し、適切な処理を受けることが大切です。

治療法は仮性包茎と同じで、狭くなった包皮輪を切開・縫合する施術が一般的です。

上野クリニック

包茎手術、STD、パワーアップ、ED。 男性の下半身のお悩みを解決!
www.ueno.co.jp

本田ヒルズタワークリニック

本田クリニックは、本田医師のプライベートクリニックサロンとしてお客様一人ひとりを大切にいたします。
www.honda-htc.com

皐月形成クリニック

包茎手術・治療のことなら皐月形成クリニック。手術方法や料金に関するご案内など。
www.satsuki-clinic.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 仮性包茎の手術と治療ガイド All Rights Reserved.